シミケア @ 緑茶パックでシミケア

高価な美白化粧品を使う前に試してほしいのが、緑茶パックです。

 

緑茶に含まれているカテキンやビタミンC、クロロフィルにより、シミを目立たなくさせる方向へと導いてくれます。

 

@緑茶を粉末状にして、小麦粉と少しずつ均等に混ざるように混ぜ合わせていきます。テクスチャーの定義は無く、好みの硬さに仕上げましょう。少し硬めの方が、顔に乗せた時に垂れてこないので理想的です。女性の場合はすそわきがが気になる人も多くいます。そのような場合に効果的なのが緑茶と言われています。実はすそわきがや脇のにおいに効果があるのが、緑茶やウーロン茶を言われています。緑茶は、家にあるどんな物でもOKです。出がらしではなく、使っていない緑茶を使用しましょう。

 

Aシミが気になる部分に乗せて、5分ほど放置します。

 

Bその後、ぬるま湯で綺麗に洗い流しましょう。

 

即効性はありませんが、徐々にシミが気にならなくなってきたなんていう方もいらっしゃいます。

 

緑茶はどこのご家庭にもあるので、誰でも出来て手軽でオススメです。

シミケア A ビタミンCを肌に与えよう

ビタミンCには、メラニンを抑制する効果があります。

 

シミも防ぎ、今あるシミにも効果を発揮してくれます。

 

スキンケアにはビタミンC誘導体として配合されていますが、吸収力が大変高いのが大きな特徴です。

 

酸化を防ぐ効果も担っているので、活性酸素の除去にも繋がります。

 

ビタミンC誘導体配合のスキンケアを使い、シミをケアしてみましょう。

 

また、食べ物にもビタミンが豊富に含まれている物がありますが、毎日食べ物で必要なビタミンCを摂取する事は困難と言われています。

 

スキンケアと併用し手ビタミンCを摂取したいのであれば、ビタミンCのサプリメントを摂取すると良いでしょう。

 

ビタミンCのサプリメントは安価な物もございますので、手軽でオススメです。

シミケア B その他、厚生労働省が認めている美白成分を覚えよう

美白成分は沢山あり過ぎて解らない、なんて方もいると思います。

 

厚生労働省が認めている、有効成分をピックアップします。

 

@アルブチン

 

チシロナーゼに直接響かせ、メラニンの生成をシャットアウトしてくれます。大変強い成分なので、濃度が濃いと肌負担になりますので要注意です。

 

Aコウジ酸

 

文字通り、麹に含まれている美白成分。天然成分なので、どんな肌質の方でも安心なのが大きなメリットです。

 

Bエラグ酸

 

果物や野菜等に含まれている、天然のフェノール系物質。肌の透明感を、引き出してくれます。

 

Cルシノール

 

ポーラの独自成分で、北欧のもみの木を使った古銭買取を参考にし作られた成分です。

 

Dリノール酸

 

サンフラワー、等の植物油から取り出して作った、チシロナーゼを減らす不飽和脂肪酸の一種です。

 

EカモミラET

 

ハーブのカモミールでお馴染みの、カツミレの葉から取り出された肌の透明感を引き出す成分です。

 

Fトラネキサム酸

 

チシロナーゼをブロックし、ニキビケアをして使われます。

 

G4―メトキサリチル酸カルシウム塩(4MSK)

 

慢性的になってしまった肌のターンオーバーに注目し作られた成分で、サリチル酸の誘導体です。

シミケア C 女性ホルモンを高めよう

女性は、女性ホルモンのバランスが悪くなると、メラニン色素が出来やすくなってしまいます。

 

排卵時や年齢を増してくると、女性ホルモンのバランスは格段に悪くなってします。

 

排卵時や年齢に左右されないよう、日頃から女性ホルモンのバランスを良くするよう心がけましょう。

 

@大豆類を摂取する

 

大豆に含まれている大豆イソフラボンは、女性ホルモンと似たような働きをします。沢山摂取する事で、女性ホルモン機能を高める事が出来ます。大豆製品であれば、豆乳やお豆腐など何でもOKです。大豆類は女性が好きな物ばかりですので、積極的に摂取しましょう。

 

Aキャベツを摂取する

 

キャベツに含まれているボロンという成分は、女性ホルモンと似たような働きをしてくれます。サラダなどで、積極的に摂取してみましょう。

 

B体を動かそう

 

ストレッチやヨガなど、家で出来る事でOKですので体を動かすクセを付けましょう。近所を少しウォーキングするだけでも、卵巣機能を高める事が出来るので、女性ホルモンを高める事が出来ます。

シミケア D 美白化粧品の選び方

出来てしまったシミには効果は薄いですが、切手買取で使われるコインを使えば肌に色ムラがあるのであれば、美白化粧品を使わない訳にはいきません。

 

美白化粧品を検索すると目に付くのが、医薬部外品という文字。

 

一見、効果が薄いと思ってしまいがちですが、医薬品として効果は認められてはいませんが、働きは大いに期待出来ます。

 

医学部外品じゃない物がいい物であり、高い物でも手を出してしまう前に躊躇し、美白成分等の中身をしっかり確かめるようにしましょう。

 

メディアで宣伝をしている美白化粧品には広告費が大量にかかっているので、その分高価になっている場合があります。

 

安くても中身がしっかりしている美白化粧品は、いくらでもあります。

 

有名どころに惑わされず、中身重視で選ぶようにしましょう。

 

シミやくすみが出来る原因物質に働きかけてくれるのが、美白化粧品の大きな効果です。

 

その為、使い続ける事が大事なので、お求めやすい価格の美白化粧品を使うようにしましょう。

 

レスキュー的に美白化粧品を使うのは、間違っています。

 

常に使い続けられる美白化粧品を選んで、使いましょう。

シミケア E クリニックで出してもらえるシミケア

出来てしまったシミを自己ケアするには、限界があります。

 

その為、クリニックで診察を受け、お薬を出してもらってケアをする事も賢明な判断です。

 

頑固なシミは、クリニックでの処方が1番ですので、1度相談してみると良いでしょう。

 

クリニックが処方してくれお薬は、ハイドロキノンとレチノイン酸です。

 

2つとも軟膏の塗り薬で、シミが気になる所に塗るだけでシミを目立たなくさせてくれます。

 

市販の薬やスキンケアとは比べものにならない程、効果を実感された方が殆どです。

 

頑固なシミが気になるようでしたら、1度ご相談してみましょう

更新履歴


このページの先頭へ戻る